20191231

令和元年の仕事納め

令和元年の仕事納め

令和最初の年末の業務も終了しました。
先週末にはする事もなくなっていましたが、
仕事以外に手を取られ、ようやくパソコンの前に座っています。

今年は不動産事業部を見ての問い合わせが一年を通して
ありましたが、具体的に進むよりか検討中ばかりです。
直接設計依頼される住まい手との違いがあり、
分譲マンションや建売住宅を購入するのと同じと思われていて
設計、工事期間の長さに驚かれます。あと工費の工面。
出来たものを購入するならば住宅ローンの融資が実行されれば
問題なく引渡し、入居の流れになりますが、
設計をおこない施工する場合は弊社では約1年の時間が掛かり
工事の途中には数回の支払いが必要になります。

一般的な住宅ローンは建物登記が終わらないと融資は
実行されないため、手元に何割かの自己資金が必要で
用意できなければ、工務店が竣工まで待てない限りは
設計依頼は受けることが出来ません。
せっかく問合せをもらっても業務の流れを説明すると
諦められる方が多く残念でした。

それでも問合せが続く事は今後に繋がっていくはずなので
私自身は自己満足の仕事でなく、期待を超え社会に
役立つような仕事を引き続き目指していこうと思います。

新年は良い一年を過ごせられるよう願っております。

関西・大阪・北摂(箕面・池田・吹田・豊中)を拠点として
建築・住宅設計をおこなう ストック建設設計事務所