20090619

支給材の現場搬入

支給材の現場搬入

豊中にて地形を引き継ぐ家の工事経過です。

中間検査後の現場状況はスピードアップしています。
当事務所の設計監理には分離発注での業務があります。
工事に合わせ、材料を支給したり、キッチン等は付き合いのある業者に
その範囲の工事を直接施工してもらっています。
支給材

この写真はサワラ材のフローリングです。写真には写っていませんが
造作材、フィルム型床暖房もほぼ同時期に現場に搬入しました。
工事が手待ちにならないようにタイミングが重要です。

分離発注する内容は特殊なもので、工務店側で手配するには
手間が掛るモノに限定しています。
支給した材料は、住まい手と直接、分離発注を請け負った業者との
支払いになるので、中間マージンが掛らず適正な価格での納材です。
ただし、工務店も支給材に対して理解が必要です。

竣工写真がこちらにてご覧になれます。

関西・大阪・北摂(箕面・池田・吹田・豊中)を拠点として
建築・住宅設計をおこなう ストック建設設計事務所