2009116

補強が進む

補強が進む

宝塚にて川沿いに建つ家の工事経過です。
全面リフォームを行なうときに重要なことは、構造の補強、断熱の向上です。
既存住宅は外壁には土(土壁)だけが充填されていて断熱材は無く、
2階天井にも断熱材が無かったので、夏暑く、冬は寒い住環境でした。

今回は外壁の土を撤去して断熱材を入れ、屋根は外断熱を施しています。
開口部はアルミサッシのペアガラス仕様なので大幅に断熱性能が向上します。

補強の方法

写真は土壁を撤去後に構造補強をおこなっています。
今回の外壁は既存壁の上に吹付け仕上げになるので
補強は構造用合板を使う面での補強ではなく、
筋違いを使った補強になります。既存の筋違いは柱を跨いで取り付いていて、
端部は釘留めだけなので強度は期待できない状態でしたが、
今回の補強により構造耐力も向上します。

プラン変更、表面仕上げのやり直しだけでは住性能は上がりません。
竣工写真がこちらにてご覧になれます。

関西・大阪・北摂(箕面・池田・吹田・豊中)を拠点として
建築・住宅設計をおこなう ストック建設設計事務所