2009102

基礎を新設

基礎を新設

宝塚にて川沿いに建つ家の工事経過です。
部分的は解体工事が終わり、プラン変更に伴う基礎の新設です。
基礎のある部分は耐力壁を追加する、構造的に重要な部分です。

基礎を新設-1

根入れです。この上に新設基礎が載ってきます。

基礎を新設-2

基礎の新設は立上りとスラブ(土間になる部分)はベタ基礎になり
スラブ配筋は既存基礎に差し筋をして定着しています。
鉄筋の下には湿気が上がってこないように
防湿フィルムを敷き込んでいます。(新設基礎以外の部分も)

基礎を新設-3

コンクリートの打設がおわったところです。
全面リフォームをおこなう場合は、既存建物の構造補強をしっかり行なわないと、
表面だけを綺麗に仕上ても躯体が悪ければ、
すぐに床の歪み、壁の割れなど不具合がおこります。
隠れて見えない部分になりますが、とても重要です。

竣工写真がこちらにてご覧になれます。

関西・大阪・北摂(箕面・池田・吹田・豊中)を拠点として
建築・住宅設計をおこなう ストック建設設計事務所

2009094

壁の中から巨大な蜂の巣

壁の中から巨大な蜂の巣

宝塚にて川沿いに建つ家の工事が始まりました。
全面リフォームを行います。作業は解体工事の途中です。

宝塚解体途中-1
写真は既存2階部分です。

リフォーム後はこの部分がリビング・ダイニング・キッチンに生まれ変わります。
既存屋根の構造材と野地板を現しにします。

解体中にハプニング。壁の中に巨大な蜂の巣がありました。
大きさは40cm×70cm程。解体業者の話では、
内壁をめくった途端に真っ黒な塊になるぐらい、
蜂が飛び出してきたとの事でした。幸いにも誰も蜂に刺されることは無く、
殺虫剤で追い払えました。

宝塚解体中-2
写真は蜂の巣を取り除いた後です。

竣工写真がこちらにてご覧になれます。

関西・大阪・北摂(箕面・池田・吹田・豊中)を拠点として
建築・住宅設計をおこなう ストック建設設計事務所

20090819

宝塚の川沿いに建つ家

宝塚の川沿いに建つ家

お盆前になりますが、全面リフォームをおこなう
個人住宅の工事契約をおこないました。
場所は兵庫県宝塚市で敷地が川に面しています。
既存建物は築39年。今回の計画は既存建築面積を減らして、
補強を優先。内部を全面的に変更です。

写真は既存家屋です。
川沿いに建つ家-1

川沿いに建つ家-2

年末には住まい手が引越しをされます。来週から解体工事が始まります。

竣工写真がこちらにてご覧になれます

関西・大阪・北摂(箕面・池田・吹田・豊中)を拠点として
建築・住宅設計をおこなう ストック建設設計事務所